運転苦手ドライバーの運転術

知ってた?車で右折する時の対向車との暗黙の合図とその注意点!

車,右折

右折って本当~にイヤですよね~・・
なんか、あの「焦らされる感」と「プレッシャー」はなんなんでしょう??

Emi
Emi
私が大げさなだけ??w

でもでも!なぜ!この世の中に右折があるのか!っと叫びたくなります。(イヤイヤw右折しなきゃ辿り着けないでしょw)

だって、、私も昔は本当に右折に泣かされていましたもん・・(グスン)

Emi
Emi
くそっ!右折め!女たらし~!(←おいw)

が!

私も車とのお付き合いも長くなり、だいぶ右折もスムーズにできるようになりました。

もちろん、何度も何度も失敗(ちょっとヒヤっとする感じ 汗)もありましたが、お陰でタイミングがなんとなく分かるようになったし、実は右折時の暗黙のサインがあるんだって事も知りました。

今日はその私の経験から運転苦手ドライバーが意識したい「右折」の注意点とコツ、そして「暗黙のサイン」について書いていきたいと思います。

全般的な右折時の注意

まぁこれは鉄板中の鉄板ですが歩行者や自転車に注意!しましょう。

よく右折しようとしたら自転車がビュンっと横断歩道を走り抜けてってビックリした!という話はあるあるですよね。(えっ?そんなことない?)

まぁ右折は左折と比べて曲がるまで待ってる時間があります。そしてその時は大抵ずっと曲がる先である「右方向」を見てるので、そんなに見落とすことはないのですし、交差点の広さにもよりますが、車の右折待ちの位置から横断歩道や歩行者が渡ってきそうなところまで距離があるから、万が一何かあっても止まりやすいので、そんなにめちゃくちゃ恐れる事はありませんが、

歩行者や自転車が突拍子もなく渡ろうとしてくることもありますので、これは交差点を歩行者と共有している宿命だ、と思って気をつけて徐行して進みましょう。

まぁ都会だと、結構歩行者と車の信号が別れてたりするので(歩車分離式信号というそうですね)それが一番安全で良いっちゃ良いんですけどね。

まぁ今すぐ日本にある全部の信号機をその「歩車分離式信号」にせぇって言っても無理なんで、結局自動車を運転する私達が気をつけるしかないのです。

しっかり安全確認!そして徐行すれば、大丈夫!

Emi
Emi
めちゃ恥ずかしいながらもココだけの話として暴露しますが、私がまだ右折も左折も慣れてなくて怖かった時は「バスの運転手さん」のように右手で指差しし「歩行者よ~し!」と確認しながら曲がってましたw
Emi
Emi
実は、今でもたまにやりますw子供も喜びますしね(笑)

もし、良かったらご参考に♥

車で右折する時のタイミングは?(片側一車線や複数の車線がある道路)

さて、右折したい時にどのタイミングで右折するか?ですが、取りあえず

  • 交通量が多い(車が頻繁に走ってく・たまに途切れるけどすぐに後続車がきそう)
  • 矢印信号がある

こういった交差点だったなら、開き直って「矢印信号」まで待ちましょう!

それが一番無難な右折方法ですわよ。レイディ達。

問題は、

  • 交通量がまばら(対向車が途切れた時に行けそうな感じがする)
  • 矢印信号がある・もしくは無い

こういった交差点です。

このような場合は、見計らって曲がってしまうのがベストですが、それもなかなかタイミングが難しいところです。

私達運転苦手ドライバーは、反対車線の車が行ってしまって次に続いてくる車との間との距離間をつかむのが苦手です・・。

さらに、あの後ろから来てる車はスピードをめっちゃ出してきてる?や、自分が右折するまでの間に追いついてくるかも?といった「スピード感」をつかむのも難しいです・・。

ここで超余談☆

私は昔に比べだいぶ右折がスムーズにできるようになりましたが、対向車が交差点を通りぬけて、その後ろにいる車との間が結構感覚があいてるように見えたので、右折したら、意外にその後ろの車が追いついてきて「ヒヤッ」とする事も未だにたま~にあります(汗)

大体の目安として、これぐらいだったら行けるよ~と言いたいところなんですが、交差点の感じや車のスピード等、その時々・状況によって全く違うので、こればっかりは経験を積もうぜ!としか言いようがありません(汗)

参考になるかどうかわかりませんが、私の場合は、直進車が交差点を走り去った後、後続車との間を利用して右折するかどうかは以下のように判断してます。

  • 後続車のドライバーさんの顔がクッキリ・ハッキリ見えて、走ってきてる車体の大きさが、先ほど通りすぎた直進者とそんな大差なく見えれば、右折はしない
  • 後続車のドライバーさんの顔がぼんや~り見える。走ってきてる車体の大きさが小さく見える(おもちゃのミニカーのような)時は、距離に余裕があると判断して曲がる。

もちろん、これは視力の問題もかかわってきます(汗)ので、必ずしもみんなに有効な判断基準ではないのですが、このような判断基準もあるんだ~って事で覚えておいていただければと思います。

まぁ色々言いましたが、一つだけ言えるのは、自分が「無理」と思ったら遠慮なく行かないでください。

矢印信号があれば、矢印信号まで待つし、無い場合は、黄色→赤になる時に右に曲がるしかないので、その時をしっかりと待ちます。

後に車が待ってたとしても、別に気を使う必要はありません。ドデンと構えましょう!

焦って右折して事故なんて起こしたら大変ですからね。判断が難しいと感じた場合は、無理はせず、そのまま信号の合図を待ちましょうね!

【おもに片側一車線限定】タイミングによっては「すれ違い右折」を活用しよう!

さて、ここからは右折時の「暗黙の合図」について話していきたいと思います。

片側一車線での場合、右折レーンがあれば矢印信号もある場合がありますが、大抵はない時の方が多いので対向車の隙間を利用して右折するか、黄色になるまで待つしかないです。

そこで!!活躍するのが「すれ違い右折」です!

通りすがりのマダム
通りすがりのマダム
すれ違い通信みたいな言い方してるけどさ「すれ違い右折」ってなに?
Emi
Emi
「すれ違い右折」は私が今勝手に作った言葉ですw

「すれ違い右折」はタイミングにもよるのですが、自分も「右折」したくて、対向車も「右折したい」時に、一緒に右折することです。

そう、まるですれ違うように、鮮やかに弧を描いて、互いに右折するのです。

図にするとこんな感じですね。

車,右折

「すれ違い右折」のやり方は慣れてしまえば簡単で、対向車が交差点に差し掛かかった時に、ピカピカと「右に曲がりたいよ~」とウィンカーを出してきたら(注:相手が右折したい場合、あなたから向かって左側のランプがピカピカします)それが「すれ違い右折」の合図です!

上のように相手と一緒に右折をするのです。

あと、たまに交差点に差し掛かる前のちょっと早めの段階からウィンカーをピカピカして「右に曲がるで~」と合図している車もいます。

それは、「あたくし交差点で右に曲がるけど、まだ交差点までたどり着かないから、先にあなた右にまがりんしゃい」という合図です。

その時は遠慮なく、そして、ありがたく先に右折してしまいましょう!

車,右折

まぁこれは、相手が「右折したい」時だけ有効なので、毎回毎回使える技でもなく完全に「タイミング」や「運」にもよるのですが、もしこのタイミングに恵まれたら一度やってみてください。

すれ違い右折の際の注意点

このすれ違い右折、「運」や「タイミング」によるとは言え、とっても素敵な技なのですが、注意が必要でもあります。

それは片側一車線の場合、対向車の右に曲がる人の後ろにいる人が横から追い抜かして直進してくる場合がある、という事です。

通りすがりのマダム
通りすがりのマダム
え~どういう状況か全くわからんし!
Emi
Emi
百聞は一見にしかず、この図を見て下さい。
車,右折

このように、前方の車が右折するところを避けて直進してくる後続車もいます。特に、

  • 道路自体の幅に余裕がある
  • 道路の横が田んぼや畑になっててあぜ道みたいなのがあったり、ちょっとした歩道がある道路

こういう特徴を持つ道路の場合は後続車が前にいる右折車をよけて直進してくる確立が高くなるので注意が必要です。

逆に、

  • 道路自体の幅が狭く余裕がない
  • 道路にガードレールや電信棒があって、よけた時に車をぶつけちゃうかも

という特徴をもつ道路は、前方の車をよけて直進して来る可能性は低くなります。

まぁ色んなドライバーがいるので、必ずしも当てはまるわけではないですが、目安として覚えておくと役に立つと思います。

車の右折はタイミングさえ取れるようになれば怖くない!

右折のコツはタイミングをつかむことです。ただ、それがどうしても難しいです。

そして今紹介した「タイミングの見方」や「すれ違い右折」も、いざ実践となると怖かったりうまくいかなかったりすると思います。

でも右折の状況は毎回毎回違うので、「○○だからこう!」と完全に言い切ることができないのも事実・・

なので、やはり交通量が少ない道路の右折から慣らし始めて、右折に対して抵抗感を感じないように経験を積むしかありません。そして右折がうまくいった時の事は、

通りすがりのマダム
通りすがりのマダム
あ、こういうタイミングなら大丈夫なんだっ

と自分なりの感覚を養っていきましょう。

ただ、何度も繰り返しますが、「タイミングを見るのが難しい」と感じたらもう諦めて信号の合図まで待ってて下さい。無理に・よくわからないまま右折することによって、事故の原因になってしまいますのでね。

では今日も安全運転でいってらっしゃ~い!