運転苦手ドライバーの運転術

サンキュー事故|右折できなくて焦ってる時、対向車のどうぞサインに注意!

thankyou-jiko

私達、運転下手なドライバーにとっての「右折」って一大事ですよね。

まず、対向車(自分の反対車線に走ってる反対方向へ向かってる車)の車間距離もうまくつかみにくいから、いつまでたっても右折ができない・・

んで、自分の車の後ろにどんどん車が来て・・

通りすがりのマダム
通りすがりのマダム
ヤッ・・ヤバイ!!!どうしよう!早くいかなきゃ!

と・・そんな時

対向車線を走ってたトラックがライトを「ピカピカッ」とパッシングしてくれて

「フッ姉ちゃん・・行きなよっ!(キラーン)」の合図・・

これ、運転下手ドライバーにとっては神様からのプレゼントかってくらい嬉しくて感動ものですよね~!

でも、、この「神様からのプレゼント」が「地獄への入り口」にもなりえること、知ってました?

今日はその「地獄の入り口」を垣間見た私の体験談と共に、私達運転下手ドライバーがどのように対策していけばいいのかをお話していきます。

右折時に対向車にゆずってもらった時に起きる事故・・サンキュー事故

ある日、車を運転していた私は、いつもどおり信号のない交差点を右折しようとしてました。

信号がないので、対向車が途切れるのを待つしかありません。

でも待てど暮らせど途切れそうもない対向車・・

私の後ろには大行列・・(一車線なので私をよけて通る事ができない)

そんな時、見かねたトラックの運ちゃんが「ピカピカッ」とパッシングしてくれて、「右折しなよ!」の合図をくれたのです。

Emi
Emi
あぁ助かった・・

と思ったのと同時に、後ろにたくさんの車がいたので

Emi
Emi
早く右折しなきゃ!

と思って勢いよく右折したら・・・

そこになんて自転車がいたんです!!!(↓こんな感じ)

サンキュー事故

めちゃめちゃビックリしました!!!

もちろん!!急ブレーキをふみ、ありがたい事にブレーキも間に合い、事故を起こさずに済んだのですが、すごく怖い思いをしました。

もし間に合わなくて事故を起こしてたら・・と思うとなんだか気分が悪くなってしまいました。。

しかしながら、我が地域は車がないと生活できない地域。もちろん車にのる日々が続きます。。

それ以来、「ピカピカッ」とされてゆずってもらえてもすごく気をつけるようになりました。

サンキュー事故を避ける為に・・まず超超超根本的に「焦らない」ようにする

運転時に焦らないようにする、ということほど私達運転下手ドライバーに難しいことはないかもしれません。

でも、とにもかくにも「焦らない」状況をつくるよう徹底しましょう。
車を運転中の「焦り」はなーーーーんにも良いことを起こしません。

右折に関して言えば、例えば私は、

片側一車線を走ってて、右折しようとして待ってるけど、なかなか対向車が途切れず、どんどん後続車がたまってきたら、

いったん右折は諦めます。

通り過ぎて、もうちょっと右折がしやすい矢印信号があるところで右折したり、交差点にあるコンビニの駐車場に入って方向転換したりします。

車線が二車線で、右折しようとしてる自分を避けて行けるスペースがあれば、まだ気持ち的に楽なのですが、一車線だとどうしても避けるスペースがないので、後ろに車がドンドンたまってきちゃって・・それがすごく焦る状況を作り出してしまいますよね。

なので、そういう状況にできるだけならないよう自分で気をつけるか、

もしくは、

通りすがりのマダム
通りすがりのマダム
まっ!しゃーないやん!私ここで曲がりたいんやし!ちょっと待っとって~な!

ぐらいの図太い心を持ち、焦るという状況を作らないようにしましょう!

サンキュー事故を避ける為に・・ゆずってもらったら、まずは車体を右に傾ける

先ほど「焦る」と冷静な行動ができないという話をしたので、とりあえず焦らないように気をつけてもらえるかと思うのですが、

それでも、どーーーーしても焦ってしまいますよね。
まっ!気をつけてたって、焦ってしまってる時は焦ってしまってるんです。

なので、ここではあえて、対向車に「ピカピカッ」と「どうぞ」の合図をされたら
車体を右に傾けるという表現をしました。

「ゆっくり曲がる」でも良いんですけど、「ゆっくり曲がる」だとどーーしても動的な動きになってしまいます。

私含め、焦ってる運転下手ドライバー達にとって、この「動的な動き」が時に手元足元が狂って致命的な動きになったりするんです。(経験者は語る)

と、いうことでまずはハンドルをちょっと右にきって、車体を右に傾けましょう

こうやって車を右に傾けるって事は超超一瞬止まってるって事ですよね。

その一瞬の時にバイクや自転車や歩行者がきてないかどうかを確認しましょう。
そして確認してから「ゆっくり進む」んです。

あと、この「車体を右に傾ける」というのは

Emi
Emi
あざーすっ!んじゃこれから右に曲がるね~!

という自分の意思表示にも繋がります。

私はこの前、またまた信号の無い道で右折しようとした時に
(しつこくその道を通る懲りないEmiちゃんw)

またまたトラックの運ちゃんに「ピカピカっ」と「どうぞ」の合図をされました。

でもっっ!!!私は前回学習したのもあってすぐに、

Emi
Emi
歩行者・自転車・バイクが来るかもしれない!

と判断しました!(エッヘン!)

そして右折先をよーく見たら、やっぱり自転車に乗るおばあちゃんがいたんです!

Emi
Emi
ほらね!すごいぞ私!危険を察知したぜ!

と思ってそのまま止まってたんです。

そしたら、トラックの運ちゃんが、私がパッシングに気がついてないと思ったらしく、再度「ピカピカッ」としてきたんです。

でも「私は自転車がいるから、行けないし・・」と思い、ひたすら止まってました。

当然、運ちゃんには自転車が渡ってるだなんて気づいてもいません。ので再度
「さっさと曲がれよ!」と言わんばかりのパッシング・・(チーン・・)

結局おばあちゃんが、ゆっくりと道路の半分くらいまで渡ってたので、私はゆっくり右折をしたんですが、この時気がついたのです。

意思表示はとても大事なんだ!と。

だって、もし私がすぐにハンドルを右にきって、ちょっとでも車体を右に傾けていたら、

Emi
Emi
私は右に曲がろうとしてるよ!

と意思表示できたし、右に傾けたまま止まっていたら

Emi
Emi
曲がりたいけど、自転車がいるから待ってるんだよ!

と意思表示できたわけなんです。

トラックも運ちゃんも、私が曲がろうとしてるけど、止まったままなら

「ん?曲がれないのか?なんかあったのか?」と察してくれたはずです。

車はコミュニケーションがとっても取りづらいです。

でもだからこそ、大げさにわかりやすく自分の意思を車を通して表現していく事が私達運転下手ドライバーにとって、自分を守り、さらに周囲のドライバーに気を使ってもらえることに繋がると思ってます。

おわりに

運転下手ドライバーにとっての右折はただただ苦痛の時間でしかありません。その気持ちを汲んでくれて、ゆずってくれたり、合図してくれたり、してくれる優しいドライバーさんがいるという事は本当に本当にありがたい事だと思いますし

まだまだ日本も捨てたもんじゃないっ!

って思います。(えっ!大げさ?)

しかしながら、その思いやりが原因で、事故になってしまったら元も子もないですよね。悲劇でしかありません。

なので、その思いやりを「素敵なまま」受け取り「素敵な事」として終わらす為にも、必ずゆずってもらって右折をする際には「歩行者・バイク・自転車」がいないかどうか確認しましょうね。

自分を守るために確認する事が相手ドライバーを救うことにもなりますからね!

では今日も安全運転でいってらっしゃ~い!

すぐに見つかるあなたのお悩み解決記事
義母,嫌い 二世帯住宅,種類 無香料,柔軟剤