運転苦手ドライバーの運転術

トラックが前にいて信号機が見えない・・運転苦手ドライバーがすべき対処法

トラック,前

道路苦手ドライバーにとって、自分の前をトラックやバスといった背が高めな乗り物が走ってるって・・結構しんどいですよね。

だって、、いかんせん前が見えない。

走れど走れど見えるのはドラックのおしりばっかりでイヤになっちゃう・・

んで、前が見えない事の何が一番困るって、交差点の信号のとき!!!

Emi
Emi
信号が「赤」なのか「青」なのかさっぱりわからん・・(涙)
Emi
Emi
こうなったらコイントスで占うか・・(こらっ!)

交差点に差し掛かった時、前のトラックがフツーに行ったから、自分もフツーに行ったら信号がフツーに「赤」で「!!!!」とビックリしたってのは本当にあるあるだと思います。

通りすがりのマダム
通りすがりのマダム
おいおい運ちゃん、信号がもう赤になるスレスレなのに突っ込んどんかいっ!

って感じに思うかもしれませんが、トラックは当たり前ですがお仕事中で時間に追われてる場合がほとんどですから仕方がないのかもしれませんね。

余談ですが、有名な会社相手に商品を納品する輸送トラックだと「○時○○分絶対厳守!!」とかなり時間に厳しいらしいです。

そのため、黄色→赤になろう時でもフツーに突っ込んでくるトラックも少なくありません。

もしトラックが交差点にさしかかった時に信号で突っ込みたくて急にスピードをグワンっと出してきたら、こっちも「こいつ突っ込む気かっっ!!」と気がつくかもしれませんがしかも、フツーのスピードテンションで突っ込む場合は後続車の私達は「信号がヤバイ感じなんだ」と気づくわけもありません。

しかも経験上トラックは後者の「たとえ信号がもう赤っぽい感じでも突っ込む時でもフツーのスピード(テンション)」のばっかりです。

Emi
Emi
こんなんで私達運転苦手ドライバーは交差点でいったいどうしろと・・
Emi
Emi
やはりタロットで占い・・(こらっ!)

では、ここからは私が普段車で走ってる時に感じることを踏まえながら、トラックが前にいて信号が見えないときはどうしたらいいのか?のお話をして行こうと思います。

トラックがいて前が見えず怖いなら車間距離をあけろ・・はあまり現実的ではない

Emi
Emi
トラックが前にいて信号などが確認できない時は車間距離をあければ良いと巷ではいわれているけれど、現実的ではないじゃん・・って思うのは私だけかしら??

だって車間距離を信号が見える位置まであけるとなると結構な距離をあけなければなりません。

それを、交通量がほとんどないような道路でやるならまだ良いかもしれませんが、交通量が多い道路だと、後ろに車がいたらあおられたりするかもしれないし、そもそも渋滞を引き起こす原因になりかねます。

それで、周りのドライバーに「あいつなにやっとんねん!」と言われんばかりの反感をかいまくり・・(クランクションをバーバー鳴らされる・・など)という状況が起きないとも言い切れません。

私達運転苦手ドライバーにそんな状況が起これば・・恐怖そのもの。よけい車を乗りたくなくなります。

ので、「車間距離をあける」ことはちょっと現実的ではないと私は思います。

トラックが前にいて交差点の信号がわからない時にすべき対処

背の高いトラックが前にいる限り、前の信号はほぼ確認できません。

Emi
Emi
それがトラックの後ろを走る運命なのです・・。
そして運命は避けられないのです・・(←急なスピリチュアル口調やめいw)

という事で、交差点に差し掛かったときに信号が「赤」なのか「青」なのか?は前にトラックがいたらわからないので、青信号はもう既に死んでいる・・じゃなくてw

「もう赤信号になっているかもしれないな」と思っておくぐらいが無難です。

なので、スピードはすぐに止まれるように軽くブレーキを踏んで落としておいたほうが良いですね。

あとこうやってブレーキを踏んで「ブレーキランプ」を光らせる事は、あなたの後ろに車がいた場合、その後続車への合図へと繋がります。

あなたの後ろの車(トラックから数えて3番目)には、信号が見えてます。んで、そのドライバーが「ちょっとお急ぎ」とか「荒い運転をする人」の場合、信号が黄色になろうもんなら突っ込みたくなるんです。

んで、もしあなたがそのまま「ブレーキ」を踏まず、そのままの直進しようとしてると感じた場合、「トラック・あなた・後続車の3台いっきに突っ込めるぜ!」と思われてしまう可能性があるんです。

なので、あなたは「止まります」「止まるかもしれない」という意味をこめて軽くブレーキをふみましょう。そうすれば「ブレーキランプ」が光るため、もし信号が「黄色」だった場合、

こいつ止まるのか!!

と思ってもらえるので、後続車が突っ込むんで来ることは避ける事ができます。

一番まずいのは、トラックが交差点に入ったので、「進めるんだ」と思い自分も交差点に入ろうとしたところで信号機の「赤」が見えて「げっ!赤じゃん!」と思って急に止まることです。

さっきの話で後続車はあなたが進んだ場合、「自分も一緒に突っ込んじゃえ!」と思って一緒になって行こうしてて、、それなのにあなたが急に止まったら・・

ドーーーン!!!

後ろの車に追突されてしまうという大惨事・・といった事が起こりえます。

通りすがりのマダム
通りすがりのマダム
え~さっきから話が大げさだなぁ!そんな事ってあるのぉ!
Emi
Emi
えぇ・・実際Emiもやってしまった事があるんです(汗)

前のドライバーが交差点で黄色になってるのに行こうとしてたから自分もついでに行っちゃえ!と思い進もうとしたら、前のドライバーが「やっぱやめたっ!」と言わんばかりに急ブレーキを踏んだのですが・・

とき既に遅し・・で、私は前の車につっこんでしまいました・・

幸い、車が怪我しただけで済みましたので良かったですが、こんな事故を防ぐ為にも、信号の色がわからないなら一旦「あたい、止まるかもしれんよ」という意思表示もかねてブレーキを軽く踏んで減速しましょう。

限定的な対策だけど、トラックが前にいて信号がわからなかったら、コレをみる。

これはちょっと限定的にはなってしまいますが、もし前にトラックが走ってて、交差点に差し掛かった時に信号が「赤」なのか「青」なのかわからない場合に、もし「歩行者信号」がある交差点だったら、歩行者信号を確認するのも手ですよ!

私もよくやってます!

ただ、歩行者信号は車より早く赤になるので、もし歩行者信号が「赤」になったばっかりだったら、車の信号機はまだ「青」の可能性が高いので、そこは走り抜けてしまいましょう!

あんまり早くに止まってしまうとそれもそれで後ろの車がビックリしてしまうので(汗)

前のトラックばかりでなく後続車の事も考えて走行しよう

運転が得意な人ならトラックで前がいて信号が見えなくても、なんかうまい事トラックと一緒に突っ込めるのかもしれませんし、なんかよくわからん運転の勘が働いて「止まったほうがいい」とかって判断できるのかもしれませんが、私達運転苦手ドライバーにはまずそんなのは無理です。

なので積極的に運転が苦手という事をうまく回りにアピールしていくためにも、交差点で信号が見えず「青」なのか「赤」なのかがわからなかったら、ブレーキをかるく踏みましょう。

まだ信号の色がわからない段階で完全に止まってしまうと迷惑ですが、ブレーキを踏んでの減速なら信号の色を確認しだい「赤」なら止まる「青」なら加速して通り抜ける、とうまく切り替えができます。

確かに後続車からしたら「なんだこいつ!」と思われるかもしれませんが、私達運転苦手ドライバーが事故を防ぐ為に最大限にできる事だと思ってます。

では、今日も安全運転でいってらっしゃ~い!