MENU
二世帯住宅

二世帯住宅に住んでる嫁が全力で伝える、二世帯住宅の種類とそれぞれのメリットデメリット

二世帯住宅,種類

二世帯住宅を建てる事が決まって、さてどこのメーカーで建てる?間取りはどうする?と旦那さんや義両親達と話してて、あなたは今どんな気持ちでしょうか?

通りすがりの奥様
通りすがりの奥様
家を建てる・・かぁ(o^^o)義両親も良い人そうだし楽しみだなぁ♪

はたまた、

悲しみにふける奥様
悲しみにふける奥様
はぁ・・なんで二世帯住宅なんかに住まないかんの。絶対人生詰むじゃん。本当ウツ・・でも長男だから嫌って言えないし。はぁ~・・

とこんなふうに憂鬱な気持ちかもしれませんね。

私はえみも二世帯住宅に住むお嫁さんなのですが、これだけ一言言わしてください。

えみ
えみ
(ここまで色々あったけど・・!)控えめに言って二世帯住宅最高だよーーー!!!

(ここまで色々あったけど・・!がポイントですw)

二世帯住宅は、まず「完全分離型」「部分共有型」に別れそれぞれに「縦割りタイプ」「横割りタイプ」があります。

二世帯住宅,後悔

うちは部分共有型の縦割りの二世帯住宅に住んでいるのですが、やはり自分の経験含め色々考えても、一番お勧めの間取りは「完全分離の縦割りタイプ」です。

ちなみに、二世帯住宅に住む嫁として勝手にお勧めな順番をつけるとしたら

  1. 完全分離型の縦割りタイプ
  2. 部分共有型の縦割りタイプ
  3. 完全分離型の縦割りタイプ
  4. 部分共有型の横割りタイプ

ですね。

なので私の住む「部分共有型の縦割りタイプ」は2番目にお勧めとなりますね。

と、勝手にお勧めの順番をつけましたが、二世帯住宅を建てる予算の上限や土地の広さなど条件は様々です。

しかしながら、二世帯住宅を建てるというのは、一生に一度キリのイベントです。絶対に絶対にぜーーーったいに後悔なんてしたくありません。

悲しみにふける奥様
悲しみにふける奥様
一緒に暮らしていくのに毎日毎日気を使いすぎてしんどい・・
悲しみにふける奥様
悲しみにふける奥様
毎日毎日干渉が激しい・・
奥様-怒り心頭中-
奥様-怒り心頭中-
こんなの全部ぜーーーんぶ思ってたのと違うぅう!!!こんなハズじゃなかったのにーー!!!

とこうなる前に、しっかりと対策する事が大事です。

その為には、いかに二世帯住宅内で親世帯と「距離感」を作っていくのか?が肝になってくる、と二世帯住宅に住む嫁である「えみ」は気がつきました。

どうして「距離感」が必要なのか?そして二世帯住宅の各特徴を知り、あなたの状況を照らし合わせて「どういう距離感なら二世帯住宅内で実現できそうか?」を考えていきましょう。

現在、二世帯住宅を建てるのが楽しみなお嫁さんも、憂鬱なお嫁さんも、将来的には二世帯住宅に住んでいることを味方にしていけるような間取りにしていきましょうね!

二世帯住宅の種類を選ぶ前に知っておきたい、うまくいくために大切な事

まず二世帯住宅に義両親と住むという事は、必然的に義両親たちとの距離が近くなります。

義両親の事が苦手、そもそも二世帯住宅に一緒に住む事に抵抗がある人はもちろん、「別に義両親はそんなに悪い人じゃないしなぁ・・」と思ってる人でも、毎日のように頻繁に会うことになれば当然相手の嫌なところが互いに見えてきます。

えみ
えみ
現に私も二世帯住宅を建てて一緒に住む前は「旦那さんの両親はいい人そうだなぁ~二世帯住宅でも仲良くしていけそうだ」と思ってました(汗)

スルースキルが高かったり、義両親の嫌なところが見えても「まぁいっか~」「あはは~」と思えるような人なら、義両親との二世帯住宅ライフも円滑に行くかもしれませんが、なかなかそんな人もいないでしょう。

奥様-怒り心頭中-
奥様-怒り心頭中-
出かける時もいちいち「どこ行くの?」とか聞いてくるし!干渉してきてうざいー!
奥様-怒り心頭中-
奥様-怒り心頭中-
あーお風呂の順番待つのめんどくさい!子供がグズってるから早くお風呂にいれたいのに!
奥様-怒り心頭中-
奥様-怒り心頭中-
(ちょっと赤ちゃんが寝てる間に洗濯物しよ~)うわっ!勝手に入ってきてるし!しかも寝てる赤ちゃんにちょっかいだしてるし!(怒)

と言うような事が起こり、イライラ・モヤモヤする気持ちにになって、二世帯住宅での生活ストレスになる方の方が多いと思います。

そして、こういう嫌な・ウザイ事が起こる事によって二世帯住宅を建てた事に激しく後悔したり、「こんなハズじゃなかったのに・・」という気持ちが起こってしまうのです。

こうならない為にも、やはり義両親との間には適切な距離感が必要なのです。

なので、適切な距離感を二世帯住宅内でどれだけ再現していくか?が鍵になっていきます。

ここが、二世帯住宅を建てる時に後悔しない為のポイントです。

この「適切な距離を再現する方法」は人それぞれです。

二世帯住宅を建てる土地も違えば、敷地の面積なども違いますし、家族構成によってもまた間取りは違ってきます。

なので、今から二世帯住宅のタイプ別のメリット・デメリットを知ってもらい、その上で、あなたが今二世帯住宅を建てる状況と照らし合わせて「適切な距離を再現できる二世帯住宅の間取り」を考えていきましょう。

二世帯住宅の種類の中で一番オススメなのが「完全分離型」

二世帯住宅,後悔

二世帯住宅の「完全分離型」のメリットは断然これにつきます。それは・・

マンションのお隣さん同士・上の階と下の階の住人同士の感覚で住めるからです。

お互いの生活スペースが完全に別なので、接触する機会も少なくお互いに干渉しない・気にならない生活が実現しやすいんですよ!

ただ、「完全分離型」の二世帯住宅だからといって、何もデメリットがないというわけではありません。。

「完全分離型」という義両親との間に距離間があるからこそ、生じてしまう問題があります。

その中でも一番デメリットだと感じてる点が

  • (「部分共有型」に比べて)スっと助け合いができない
  • 親世帯に何かあった時に気がつけない

この2点です。

あと根本的な話になってしまいますが、二世帯住宅を建てようとしている土地が広めじゃないと、必然的に互いの生活スペースすべてが狭めになってしまいます(汗)

なので、あなたと旦那さんが二世帯住宅を建てようとしている土地が狭い場合は

  1. 狭かったり、部屋数を削って物があまり置けないとしても、煩わしいわずらわしい 問題が起こりにくい完全分離がいいのか?
  2. 子供部屋が作ってあげられなくなる・〇〇を置く部屋は△畳のスペースが必要、といった問題はないかどうか?

を一度考えてみましょう。

完全分離,二世帯住宅
完全分離の二世帯住宅ってどんなふう?どんなメリットとデメリットがあるの?二世帯住宅を建てようか~と旦那さんと旦那さんの家族の間で話が出ていて、二世帯住宅について調べていると、どうやら「完全分離型」という二世帯...

二世帯住宅の種類:「部分共有型」はどうなの?

二世帯住宅,後悔

二世帯住宅の「部分共有型」は、玄関が1つで一見「普通のお家」っぽいんだけど、中に入ると「親世帯スペース」・「子世帯スペース」で分かれていたり、ところどころ共有している部分があったりする二世帯住宅の事です。

えみ
えみ
私は「部分共有型」の「縦割りタイプ」に住んでるよ!

とにかく家の中でつながっているので、互いい行き来しやすいのが最大のメリットです。

例えば子供を預けたい時、

家の中で互いのスペースが廊下等でつながっているので、外に一歩も出ることなくジジババのところに行けるので、安心して子供だけで行かせられます。

そう!いちいち親(もしくはジジババ)が送り迎えなどすることなく、子供を義両親のところへ行かせられるので、これは本当~に楽です。

今は残念なことに本当怖い世の中になったもので、隣へ家とかのちょっとの距離の移動ですら子供から目が離せない時代になりました。

子供が1年生になったら、少しは手が離れるかな?と思ってたけれど、子供たちを公園で遊ばせようにも、子供だけでは行かせられないし、遊んでいる間も大人が見張ってたりしなきゃいけない。

もちろん習い事だって、送迎は必須。

そんな育児がしづらい世の中で、ジジババ達のところへ子供だけでスッと行かせられて預かってもらえるって、めっっっちゃくちゃめちゃくちゃありがたい事です。

だた、悲しいことにそうやってお互いアクセスしやすい事が逆にデメリットにもなり得るのもまた事実。

それが「義両親からの干渉」です。

えみ
えみ
これはお嫁さんにとっては1位・2位を争うくらいの見逃せないポイントですよね!

二世帯住宅の「部分共有型」だと義両親と接する機会も多いから、たいていは「干渉されている」の感じるお嫁さんが多いのが現状です。

実際に私もそう感じていた時期があり、そういった事や他諸々もあって「二世帯住宅から出ていきたい!」と思ってました・・

ただ、もちろんお義母さんのタイプ(自分の趣味に夢中なタイプなど)にもよりますし、私のように最初はすごく荒れ狂った道を歩いていたけれど、工夫・捉え方とらえかた 次第で「二世帯住宅最高やん!!」ともなれます。

なので「そういう可能性があるんだ!」ということは頭に入れておいて、余計な心配や不安になりすぎないようにしてくださいね。

二世帯住宅,部分共有型
二世帯住宅の部分共有型って?実際に住んでる嫁が解説するよ! 私は実際に二世帯住宅の「部分共有型」に住んでいる嫁で、現在はスッカリ満喫&二世帯住宅は天国だなぁ~!なんて思ってますが、この境地に至るま...

二世帯住宅の種類選びで後悔しない為には権威性を利用する。

ここまで読んできて、もしかしたら

通りすがりの奥様
通りすがりの奥様
へー!そうなんだ!なるほどね(メモメモ)

とお役に立てたかもしれませんが、果たしてこの内容を義両親や夫に伝えるとしたらどうでしょうか?

  • あなたの頭の中の勝手な想像で「こういう問題が起こる!」と言ってると思われる。
  • 二世帯ライフについて役に立つからと、このサイトを見せたところで「えみって誰や!」

という反応になると思うんです。

確かに私達は、今の家を建てるまでに本当にたくさんの住宅メーカーさんの展示場を回って色んな営業マンさんと話をし、パンフレットやホームページも読みまくりました。

更に、間取りを決める時も夫や義両親達と何度も話し合い、担当の営業マンさんにしつこいと思われるぐらい連絡をして提案・アドバイスをもらったりしながら、間取り決めましたが・・

言ってもただの二世帯住宅に住むお嫁さんです。

ハウスメーカーで働いてもいないし、一級建築士でもないので、「二世帯住宅にこれから住むお嫁さん」のお役には立てても、他の人(旦那さんや義両親)には響かない可能性があるんです。

そこで利用したいのが「権威性」です。

権威性とは・・

権威性とは自分よりも地位や権力が高い人、また専門知識を有している人の発言や行動を無意識のうちに従ってしまう人間の性質のことです。

引用元:資本主義社会で生き残るために「権威性」より

要は、何かを研究してる大学教授・医者・看護士・知育などテレビで有名な先生・・などなど。そういった専門家の言ってることは間違いない。と思ってしまう事です。

私みたいな医学の知識も何もないただの主婦からの情報なんかは全く宛てにならないけど、医者の情報は専門家なんだから絶対!みたいな思考が働くんですね。

特に年寄り(言い方が悪いですがw)は権威性に弱いです。

私達若い世代(ウフフ♪)はわからない事があればすぐにネットで検索する癖がついてるし、誰かから何かを聞いても「本当かな?」と思ったらググったりする事もできます。

でも、義両親達はもう年十数年生きてきてる分、(ちょっと失礼な言い方ですが)脳みそもだいぶ固まってきてて柔軟性がありません。

新しい情報を探すことも、取り入れることもなかなか難しいのです。

なのでここは潔く「権威性」を利用しちゃいましょう!

二世帯住宅の事であれば「住宅メーカーの営業マン」「住宅メーカーの担当者」「その住宅メーカーの一級建築士・デザイナー」などです。

その人達を自分の見方につけ、間取りについて自分の意見を話し、住宅メーカーの営業マンや担当者から自分の希望する間取りのメリットを義両親に伝えてもらうんです。

例:完全分離タイプの二世帯住宅に決まったけど、中で通ずる扉は作りたくない。だけど義両親達は作った方が良いと言っている。

担当者に

通りすがりの奥様
通りすがりの奥様
自分の友人で二世帯住宅の完全分離型を建てた人がいるんですが、「中で通ずる扉」を作ったが為に姑の干渉が始まってしまい後悔している人がいるんです。

うちの姑はそんな人ではないと思うのですが、何事にも100%ははないので扉は作りたくないんです。

通りすがりの奥様
通りすがりの奥様
でも正直、こういった提案は義両親にしにくいので、担当者さんから今度の打ち合わせの時に「中で通ずる扉」はつけない提案をしてもらえませんか?

と伝える。

後日の打ち合わせで、間取りの話で「住宅内で通ずる中の扉」の話になった際に

担当者
担当者
今まで仲良かった嫁姑さんでも二世帯住宅に住むとなると環境が変わるのに伴って、状況も変わってきますからね~・・

実際、私も「中で通ずる扉」を作ったが為に、仲違いしちゃった家族がいると聞いたことありますんで・・

と言ってもらう。

このように住宅メーカーの営業マン・担当者などなど様々な方をフル活用して、なるべく自分の案を取り入れてもらえるよう工夫しましょう!

二世帯住宅の種類選びの時に味方になってくれる営業マンはどこにいるの?

それは、、、う既に二世帯住宅を扱った事のある住宅メーカーさんです。

私達が様々な住宅メーカーの展示場を見回って思ったのが、「二世帯住宅をあまり得意としてないハウスメーカーもあるんだな。」と感じた事です。

「二世帯住宅を検討してるんです」とこちらが言っているにも関わらず、二世帯住宅に関してほとんど知識がないのか、曖昧な情報ばかりだなぁと感じたところもありました。
(ひょっとして、二世帯住宅を扱った事のない営業マンさんなだけだったかもしれませんが・・)

ですが、最初から「二世帯住宅」を得意としたハウスメーカーから選べば、二世帯住宅に関して経験豊富な営業マンさんがいますから、こちらも安心して色々相談ができますし、営業マンさんからもたくさんの事例や意見が聞けます。

もっと言えば、最初に気になる「二世帯住宅を得意とした住宅メーカー」を選んで資料請求し、パンフレットで比較しながら気になった住宅メーカーの展示場だけを実際に見に行く事で、私達のように毎週末、各ハウスメーカーの住宅展示場を見に回るという超絶効率の悪いことをしなくて済みます。

えみ
えみ
しかもパンフレットなら紙ベースだから義両親と一緒にチェックしやすいし、他社と見比べる時に比較がしやすいですよねっ♪

更に、お年を召した義両親達は「紙ベースの情報」の方が慣れてるので、義両親達にも見せやすいです。

「気になるハウスメーカーや工務店」からのパンフレットのゲットの仕方は簡単で、あなたも一度は聞いたことのある「SUUMO(スーモ)」で自宅で簡単にできちゃいます。

こちらの記事に資料請求の仕方を説明してあるので、一緒に請求してみましょう!

二世帯住宅,ハウスメーカー
時短も叶う!二世帯住宅のハウスメーカーを慎重に選びたいならウェブで一括資料請求 家を建てるって人生においてとても大きなイベントですよね! 何千万とする買い物をするなんて、ほとんどの人が始めてなのでは...

断言します。家作りは長期戦です。

私のように、何ヶ月にも及ぶ家作りの打ち合わせに疲れきってしまい、壁紙を適当に選ぶ・・なんて事しないようにしましょう!
(すごく無難な壁紙にしてしまったので、ちょっと後悔です・・涙)

という事で、削れる労力はしっかり削っていきましょうね!

まずは二世帯住宅をどこで建てるのか、しっかりと決めていきましょう!