MENU
    ママ友

    誰でも簡単に!ママ友と敬語からタメ口に切り替える時に役に立つフレーズ

    ママ友,敬語

    知り合って間もないママさんとは、相手が年下だろうが年上だろうがもちろん敬語で話すと思います。

    初対面や知り合って間もない人が、たとえ年下だろうと同い年っぽそうでも、いきなりタメ口ためぐちはダメですよ!

    通りすがりの人が財布を落としたからって

    「ねぇちょっと、財布落としたよ!気をつけなきゃダメじゃん!」

    なんて言わないですよね?それと一緒です。

    日本に住んでる以上これはマナーなので、これからステキな人間関係を築くためにもマナーは守っていきましょ♥

    (すみません話が逸れました^^;)

    …ママさん方とは最初は敬語で喋ると思うんですが、何度も何度も喋る機会があって、それでもって気が合うような雰囲気感を感じると

    通りすがりのママ
    通りすがりのママ
    そろそろタメ口ためぐちに切り替えてもいいかなぁ~??

    なんて思ったりしますよね。

    だって、いつまででも「敬語」で喋る間柄だと、いまいち仲を深めにくい感じが否めません。

    でも、まさかいきなりタメ口ためぐちに切り替えるわけにもいかないし、、一体どこのどのポイントでタメ口ためぐちに切り替えていけばいいのかな・・と悩みますよね。

    そこで、この記事では私がいつもやっている「ママ友」と敬語→タメ口ためぐちへの移行方法をご紹介します。

    とっても簡単なので是非やってみてください。

    ママ友としゃべる回数が増え、ある程度仲良くなったなと感じたら敬語の割合を減らす

    相手のママさんとも喋る回数が増え、だいぶ「ママ友感」を感じやすくなったからといって、いきなり全部タメ口ためぐちはもちろんダメです。

    それは何故なのかというと

    自分が「仲良くなったと感じてる」のも相手も同じように感じてるかどうかはわからないからです。

    さぐるためにも、今まで全部敬語だったのを、敬語の割合を減らしつつ、タメ口ためぐちをおりまぜていきます。

    通りすがりのママ
    通りすがりのママ
    そうはいってもさ!どうやってタメ口ためぐち織り交ぜるの?!難しいんだけど!

    そんな方には「感動詞」をフル活用してカジュアルさを出すのをお勧めしますよ!

    「感動詞」を使えば誰でもでも簡単に相手に深いな思いをさせることなくカジュアル感を出せるんです。

    通りすがりのママ
    通りすがりのママ
    かっかっ「感動詞」???(汗)
    えみ
    えみ
    もうっ国語で習ったでしょっ?!(←と言いつつ忘れてたえみちゃんw)

    「感動詞」とは

    • 「うわぁ」
    • 「あぁ~」
    • 「あっ」
    • 「まぁ」

    と、ようは喋りたい文章の前に発する言葉です。

    で、これをフル活用するとカジュアル感が出せるんです。

    例えば

    • 「そうなんですねぇ~」
      →「わぁ~!!そうなんですねぇ~」
    • 「そういう時困りますよね~」
      →「あちゃーそういう時困っちゃいますよね」
    • 「そんな事があるんですねぇ」
      →「えぇ~うそぉ~そんな事あるんですねぇ!」

    こんな感じです。

    通りすがりのママ
    通りすがりのママ
    なんかオーバーリアクションみたいなかんじ?
    えみ
    えみ
    そうそう、そうやって思っておけば分かりやすいよね!

    このように感動詞は「丁寧かつカジュアル感」を出せるのでとてもお勧めです。

    いきなり「タメ口ためぐち」と「敬語」を織り交ぜて話すのが難しいと感じる方は、まずは「感動詞のフル活用」からはじめていきましょう!

    ママ友と敬語で話すのはやめてタメ口ためぐちで話したいなと思ったら・・

    ママ友と何度か会話を交わすうちに、

    「この人とは話も合うし、もっと気楽に喋りたいから敬語やめたいなぁ。そろそろタメ口ためぐちじゃダメかな?」

    と思う事がでてきますよね。

    でもここで大問題!

    それが、私達が住む日本には「年上を敬う」という年齢重要視文化があることです!

    本当にしょーもない文化だとは思いますが、やはり日本に住んでる以上は重んじなければならないのが運命さだめ

    なので、もしママ友と喋るときに敬語をやめたいと思っても、自分が相手より年上か?年下か?であなたの行動が変わってくるので注意しましょう。

    ママ友が同い年くらい(相手とは2・3個しか違わない気がする・・)な場合

    タメ口ためぐちと敬語を織り交ぜる会話」を何度か実践してから雰囲気を見計らって、「あなた」から「そろそろ敬語やめよっか!」と声をかけてみましょう!

    自分の方がどう考えても年上・なんとなく年上な気がする

    自分の方がどう考えても年上だよね、とわかってる場合であれば、自分からママ友さんに

    「もうめんどうだしお互い敬語やめよっか」

    「もういいよいいよ~タメ口ためぐちで!めんどくさいしさぁ~」

    と声をかけてあげてください。

    先ほど冒頭でも言いましたが、どうしても私達が住む日本では「年齢」を無視することはできません。

    ママ友さんが「年下」だと自分から「もう敬語やめようよ~」だなんて失礼にあたると考えて言えない人が多いと考えられます。

    えみ
    えみ
    私も年上の人に「敬語やめよう」だなんて絶対言えませんっ!

    なので、自分の方がママ友より年上だとわかっていて、敬語をそろそろやめたいなぁと思ったら、自分から声をかけてあげてくださいね。

    自分の方がどう考えても年下・なんとなく年下な気がする

    自分がママ友さんより「年下」だとわかってると、自分から「もう敬語やめません?」って言いづらいですよね。

    なので、自分が敬語をやめたいなぁと思っても相手が「敬語やめようか!」と声をかけてくれるまでは引き続き「敬語とタメ口」ためぐちを織り交ぜて使いっていきましょう。

    そして時々ちょっとタメ口ためぐちの割合を多くしながら様子を見ます。

    もし、それでも相手が変な態度をとることなく、さらに相手のママ友さんもほとんどタメ口ためぐちで話してくれてるなら、あなたもほぼタメ口ためぐちで話せば大丈夫です。

    えみ
    えみ
    本来はこういう流れが一番自然かなぁって思いますしねっ!

    ただ、様子を見ている時に

    • (あなたの事を年下と知ってても)向こうが敬語を入れて話してくる場合
    • 「敬語はやめてタメ口ためぐちにしましょう」と言ってこない場合

    はひょっとしたら丁寧な人で、たとえ「ママ友」だとしても敬語をつかいたい考えの持ち主の可能性が高いので、全部タメ口ためぐちで話すのは諦めて、敬語とタメ口ためぐちを織り交ぜた会話で割り切りましょう。

    ママ友の敬語問題~こんな時どうする~

    タメ口ためぐちでいいよと言ったのに敬語を使ってくるママ友

    特に相手ママさんが年下の場合で「もうこれからは敬語ナシでタメ口ためぐちでいこうよ!」と言ったのにも関わらず、ずっと敬語使ってくるパターンもあると思います。

    せっかく敬語はナシでって話になったのに、それでも敬語を使われると、なんだか突き放されたような気がして、とても悲しく、寂しい気持ちになりますよね。

    でもママ友さんもママ友さんでサックリ「タメ口ためぐち」をつかえる事情がないのでしょう。

    • タメ口ためぐちでいいよ」と言われたものの、○○さん(あなた)は年上だから気を使うなぁ
    • 学生の友達ならともかく「ママ友」に「タメ口ためぐち」ってちょっと慣れないなぁ

    このような事情があるのかもしれません。

    特に、学生時代や社会人生活の中で上下関係が厳しかったり、ゴリゴリの体育会系で「年上には気を使って当たり前」な環境に身をおいていた人だと、ママになってもその名残から「年上」の人にタメ口ためぐちというのは抵抗がある傾向にあります。

    あなたの寂しい気持ちもわかりますが、相手には相手の気持ちや考えもあるので、引き続き、相手のママ友さんがいつでもタメ口ためぐちを使えるような関係性だけは築き続けていきましょうね。

    しゃべってると安心できるよう「笑顔」のあなたでいてあげて下さい。

    初対面なのにいきなりタメ口ためぐち使ってきた!

    本当失礼な話ですけど、いきなり初対面でタメ口ためぐち使ってくるママさんって、たまーにいますよね!

    あれってなんなんでしょうねっ!!

    どうせ年下だろうとナメられてるのかしらっ?!

    えみ
    えみ
    …そんな私も初対面でとある理由からタメ口ためぐちを使ってしまった過去があるんですけどね(汗)

    詳しくは「ママ友との会話に困ってる方に朗報!今すぐ試せるママ友会話術」の記事で書いてます。えみの失敗談をご堪能くださいw

    その人がめっちゃフレンドリーでフランクな人なのか、それとも「どうせ年下でしょ~」と思ってるのかはわかりませんが、正直、初対面で敬語が使えないってこの日本においてはちょっと残念な人です。

    道端であったおばあちゃんならともかく、ママ友って結局は「ママと呼ばれる人が集まる社会」ですからね。

    そのママ友さんがいちいちタメ口ためぐちで腹が立つかもしれませんが、残念な人だと割り切りましょう。

    その代わり自分はガッチガチの敬語で、相手に敬意を払う態度を示しまくりましょうね。

    それは相手に対して防御や、

    「私とあなたは感覚が違いますよ。あなたには心を開きませんよ」

    という意思表意にもなりますす。

    また、あなたも自身も「私はちゃんと親しくない人には敬語を使う人だもんね」とママ友とあなたを心の中差別化をすることで気持ち的に楽になります。

    そして周囲に「初っ端からタメ口をきくママさんに嫌悪感を抱く人」がいれば、「あなたはきちんとした人」だと印象づけることができますよ。

    ママ友と敬語からタメ口ためぐちに移行するには気持ちの余裕も大切

    ママ友と敬語で喋ってるからって、仲良くなれないというわけではありませんが、やはり敬語だと少なからず「壁」は感じてしまいます。

    その「壁」を壊すためには、やはり「タメ口ためぐち」は取り入れたいところ。

    なので、ママ友ともっとフランクに親しくなりたいなぁと思ったなら、ぜひ「感動詞」を取り入れて「タメ口ためぐちと敬語を織り交ぜた会話」をまずは何度も実践してみてください。

    ただ、ママ友って「あなたと相手のママ」との関係性で成り立っているので、相手にも気持ちや考えがあり事も忘れずに。

    時には「ママ友さんはママ友さんのペースでタメ口ためぐちに移行してってね!」という余裕も大事ですからね。

    ママ友との敬語を卒業してタメ口ためぐちにうまく移行できるといいですね!

    応援しています!

    すぐに見つかるあなたのお悩み解決記事
    義母,嫌い 二世帯住宅,種類 無香料,柔軟剤